#102 ネネが歩いた日

こんばんは

ネネが歩きました。

この記録に残すことで病院などで

「いつ頃歩きましたか?」

なんていう質問に困らなくなります。

自身のホームページの検索窓で

「ネネ」「歩いた」で検索すると日付が出ますからね。


昨日

テニス

ウィンブルドン決勝を見てました

※テニスとマラソン結構見るの好き。

ジョコビッチvsキリオス

ファーストセットをキリオスが獲るという展開からのドキドキスタート

この辺でなんとなく複雑な心境が芽生えます

王者が負ける所を見たい気持ち。

王者が負けるわけない。

という気持ち

これが井上尚弥だったら

絶対負けで欲しく無い

負けるわけがない

となる。

※35歳まで無敗でいてほしい。

まぁ途中からジョコビッチがペースを上げて

キリオスがイライラし始めて…

ジョコビッチ優勢な雰囲気に

でも結果的にはなかなか良い試合になって

最終的には

ジョコビッチが勝利した訳ですが。


さてこのキリオス選手

気性が荒いようで

1回戦では差別的発言をされたと唾を吐き

3回戦では主審に暴言

というニュースが出てて

※見てないのでね。

決勝のジョコビッチ戦でも途中からイライラし始めて

観客にキレる姿が中継されてましたね。

後ろで応援しているチームスタッフにも大声で叫んでました。

後々知ってのですが

「何で何も言ってくれないんだ?」「俺のことはどうでもいいのか?」

とか叫んでたみたいですね。

結果的に日本円で250万円程を罰金で支払ったらしいのですが…

なんと、ウィンブルドンの賞金は準優勝で

約1億7000万円

キリオスは250万の罰金なんて全くのノーダメージでしょう。

※ネットでの素行に対する叩かれ方はダメージ大きそうですが

優勝だと

約3億4000万

大会全体の総額では

約68億円

過去最高とネットニュースにもなってましたね。

※すげぇ


まぁ

すごい金額なので、そんな高いのか!と言ってしまいそうになりますが

「世界でトップになる」

という事実で考えるとけして高すぎるも言えませんね。


さてさて

またダラダラと書いた訳ですが

この試合で1番印象に残った場面がありました。

このジョコビッチとキリオス

試合中はかなりピリピリしてましたが

意外と仲が良いようで

「試合に勝った方が負けた方にディナーをご馳走する」

いう約束をしたとか解説で言ってましたね。

テニスそのものは相手が良いプレーをしたら

手を叩いて讃える

という行為を見かける事があるのですが

決勝の4セット目だったかな

主審がコールする場面があったのですが

※詳細を素人が説明するのは不可

その直後に2人が笑顔になるシーンがあり

そこが1番印象的でした。

もちろん直後から2人の顔は真剣になりそのまま試合は続いた訳ですが

緊張感の中に生まれた一瞬の緩和

なんか良かったです。


という事で

完全なる自己満足内容ですが

本日もこの辺で失礼させていただきます。

では!

お名前.com
☝☝☝こちらから試してみて下さい。


とりあえず欲しいドメインがあるかどうかだけ検索してみるのも良し。

片岡はエックスドメインですけどね。