元引越屋社員(半分現役)が教える引越を上手くするコツ

こんばんは

元引越屋

片岡です。

本日はタイトル通り

「元引越屋社員(半分現役)が教える引越会社の選び方」と偉そうに言ってます。

まずは、なぜこんな事を書こうと思ったのか?ですね。

今日、トラック乗って作業に行きました。

とある高級マンションです。

引越される方が持って行かない家具の買取です。

残念ながら見積に行ったのは僕ではありませんが

見積をして、決定の連絡をいただいてから

管理人さんに挨拶を事前に行い、事前に搬出予定を管理人さんとしていました。

オートロックの解除条件、養生(床や壁に傷をつけない保護作業)の範囲など。

トラックを停める位置。他の住人さんへの配慮。

100点かどうかは自分では言えませんが

かなりクオリティの高い作業を行えたと自負しております。

そのときふと思ったのが

たまーに現場で会う引越屋さんのスタッフさん。

愛想の良いスタッフ。愛想の悪いスタッフ。養生のレベル。作業の慎重さ。などね。

会社ごとにもスタッフごとにも必ず癖(個性)があるのでね。

そんな中で・・この記事を書こうかなー。と思ったので書いてみます。


僕は高校生の時にアルバイトで引越を初めて経験しました。

そのあと就職したり転職しりしましたが紆余曲折ある中で引越の仕事も経験しましたし今の仕事の前は実際にヤマト運輸(厳密にはヤマトホームコンビニエンスという会社)で引越や家財便の仕事をしていました。

家財便は今主流となっている「らくらく家財便」

皆さんが知っている流れでは「らくらくメルカリ便」ですかね。

宅急便より大きい荷物

ソファや自転車など大型の商品を引き取りに行って梱包して大型トラックに積み込んで・・・

逆に届いた荷物を配達して開梱して設置する。

という仕事も長やらせてもらいました。

もちろん今の仕事でも家具を扱うので引越各社さんとはお付き合いがあります。

具体的な名前は出しませんが一般的にCMに出ている有名な引越屋さんから、CMはあまりしていないような引越屋さんまで今でも色々な件で連絡を取らせていただいています。

そんな僕がオススメする「引越会社の選び方」をお伝えできればと思います。

というよりも、完全に一言で言ってしまうと「良い引越」と「悪い引越」は運的な要素が大きいので

「引越するならこうした方が良いよ」

ていう方向性でお伝えできればと思います。

 

「良い引越会社だっと」と「悪い引越会社だった」は運です。

 

まず初めに残念な言い方で申し訳ありません。

でも言い切ってしまいます。

引越は「運」の要素が強くあります。

その理由は

どれだけ良い見積担当が来てもスタッフが悪かったら最悪な引越になってしまいます。

どれだけ悪い見積担当が来てもスタッフが最高だったら最高な引越になります。

という事。

これは理解していただけますね。

どれだけCMやってる大きな会社でも

やる気のないスタッフ(もう引越やめたいと思っているような)が来たら最悪ですね。

それより、聞いた事の無いような引越会社でも明るくてハキハキしたスタッフ(年齢ではない)が来てテキパキと作業して終わったら最高になります。

と、言うように最終的には「お客様の満足度」が「最高だった」と「最悪だった」を決めるので

スタッフを選択できない以上、お客様(引越する側)では運任せになってしまいます。

もちろん、引越が2回目で「前回お願いした○○さんお願いします」と指名できれば良いのですがそれはなかなかのレアケースですね。

まずは自分を信じましょう。

 

自力で良い引越にする方法

最初から「運」なんて悲しいお知らせをして申し訳ありません。

でも素直な気持ちなのでね。

それは

「僕」が行くのか同じ会社でも「○○さん」が行くのかでサービスは違いますからね。

会社のルールとしてのサービスは同じです。

あとはそれ以外の部分ですね。

さてさて、

ここからは引越を少しでも自力で「最高」に持って行く方法を。

 

作業開始時にスタッフ全員にお金を渡す。 ☆☆☆☆☆(効果絶大)

 

これ。絶対やって下さい。一人1000円でいいので。スタッフの動きが高確率で変わります。

※会社によってはご祝儀は個人で貰えないのでそういう場合は効果が低いです。

あと、全員に一人ずつ渡してあげて下さい。

※リーダーによっては独り占め。もしくは数人だけで分けてしまうので、もらえないと自分で認識しているスタッフの覇気が無くなります。

なので、全員に確実に渡すのが最高です。

※そのあとでリーダーが全員から回収してしまうような会社の場合は全く効果がありませんが、その際はそんな会社を選んだ自分を責めて下さい。


結局は「金」かよ。

と思われたかもしれませんが、少額で「最高の引越」に思えるなら安いと思います。

あとは「運」ですね。

なのでぼくも「引越屋紹介して」と言われることが多いのですが、心からオススメを紹介できません。

アナタと作業員の相性はわからないのでね。

そのほかにも色々伝えたいことありますが、もう長いのでその他はまた今度!!


では本日のブログ!

もう疲れたのでお菓子紹介して終わります。

棒状のお菓子

牛かつ味

旨塩レモン味

牛かつは多分からしが強くて苦手な味。

旨塩レモンもレモンが強くてきっと苦手な味。

なので

今度食べる前に「牛かつ」が何本入っているか?の検証を行いたいと思います。

次!

来た

キタ!

ジャパンフリトレー!

マイクポップコーン!

瀬戸内レモン味。

きっと苦手なんだよ。

次!

キタ!

香ばしい海老しお味

期待大!!!

次!

キタ!

期待値高すぎる。

たくさん買ってしまいますよね。

このコラボレーション

八幡屋磯五郎さん

インスタでハッシュタグ付けて投稿してみてください!

ほぼ間違いなく「いいね」くれますから!

早く食べたい。


という事で

ジャパンフリトレー連発で本日もこの辺で失礼させていただきます。

お菓子の食べすぎには注意しましょう。


本日のピンク粒

幸せのピンク粒 3度目の正直編

暇な人はどーぞ。


本日のランダムリンク

122.浮気する月曜日/5.18/片岡の日常と戯言

変なタイトルつけてんな。


てことで本当に終了です。

明日は木曜日!

楽しみなことがあります。

明日報告します。

しっかり楽しみます。

皆さんも楽しんで下さい。

では!

風の上に眠る。 フトコン 気になりますよね。