252回/バズる企画

こんばんは

電熱ベストが欲しくてたまりません

片岡です

電熱ベストって何?

ていう方も多いと思いますのでね

電熱ベストってこんなやつです

ベストの中にヒーターが入ってて、モバイルバッテリーとか繋いで使う服

有人がこれを買ったのらしいですが

もう手放せないみたいですね

安い物だとAmazonで3000円くらいから高い物だと20000円くらいまでありますね

僕の希望はインナーに着るのでジャストサイズで首まで無いタイプ

もう

どれも中国製と思われるのですが商品種類が多すぎて決めきれません

やっぱり見てしまうのがレビューです

そして

やっぱり最新の★1のレビューが気になってしまいます

本当の評価は酷評から始まりますからね

どれだけ酢酸の評価を獲得していても

ごく最近のレビューで悪い評価があると気になってしまうのが私達人間です

実に奥が深い。

悩んで悩んだあげく

ワークマンとか行って実物見たくなりました!

また購入したらレビューしたいと思います。

次!

 

先ほどね

ニュースピックスでこんなのありました

タイトルに書いたヤツ

2020年 コンテンツ総評

「バズる企画術」

もう気になって仕方ありませんよね

そもそも「バズる」って語源何処よ

んで調べたら英語のbuzzでしたわ

「バズ(buzz)る」の語源は、英語の「Buzz」というマーケティング用語らしくて

「Buzz」には「ハチがぶんぶんと飛び回る音」「ひとつの場所に集まって噂話でざわざわする」といった意味。とありました。

「バズ(buzz)る」は、Twitter内で流行っている単語や話題を知ることができる「buzutter(バズッター)」というサイトの名称から生まれたと書いている記事もありましたね。

そして「バズった」という定義はキッチリ決まってないので

あれバズったよね?

いや、あれはまだバズってない。

みたいな会話が成立する模様。

で、気になるのがバズらせ方ですよね

番組のほとんどを鈴木おさむとホリエモンが喋ってて、最近噂のオリラジ中田と雨上がり宮迫が初めたYoutube番組とかに触れながら進んでいく番組構成でした。

35分の番組でしたがずーっと様々な視点からお話されてましたね

これをこうすればいいよ。みたいな番組ではなかったので具体的には説明出来ませんが・・

気になる方は見てみて下さい。

Youtubeとかで漁ったら出てくるのではないでしょうか??

結局のところ

バズらせるって難しそうですよ!

僕もですね

このとある人物をバズらせたいと思っているんですよ

ていうか

この人物でバズってほしいと思ってるんです。

近日中に皆様にご紹介出来る日が来ることを楽しみにしております。

という事で

本日もこんな玄関の書置きを見ながら失礼させて頂きます。

今日は息子はサッカーの練習で

学校から帰って一人で用意して出て行きました。

こんなしっかりした書置きが玄関にあるのでキッチリ玄関の鍵はかかっておりました。

以前は鍵をかけ忘れていましたが

最近キッチリ出来るようになりました

成長!!

では明日は火曜日

ゴミ捨ての日です。

しっかり朝からゴミまとめて

そのあとしっかり楽しみたいと思います!

では!

 

CORNERS SPORTS AUTHORITY(コーナーズ スポーツオーソリティ) SPORTS AUTHORITY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です